アメリカの市を乗っ取ったラジニーシ教団とは。オウムが参考にしたらしい

あのオウム真理教が参考にしたという教団
それが、ラジニーシ教団

なんと、
アメリカの市を一つ乗っ取りかけた実績がある

バグワン・シュリ・ラジニーシとは

ラジニーシ教団の教祖

バグワン・シュリ・ラジニーシ-min

名前

バグワン・シュリ・ラジニーシ
(Bhagwan Shree Rajneesh)

後にOSHO(和尚)に改名

生年月日 1931年12月11日 
(没1990年1月19日)
出身地 インド
職業 インドの宗教家
神秘思想家
20世紀の覚者

インドでジャイナ教徒と布施商人の子として生まれた

21歳にして悟りの境地に達する

哲学仏教禅の教え神秘主義思想
西洋東洋問わず、あらゆる精神性の題材を
現代人のために簡単に解き明かした人物

オウム真理教が参考にした

日本を揺るがしたオウム真理教は
ラジニーシ教団を参考にしたと言われています

あのオウムが参考にしたラジニーシ教団には
一体、どのような歴史があるのか…

オレゴン州で理想郷を作る

1980年代のアメリカオレゴン州にて
バグワン・シュリ・ラジニーシは現地の若者を集めて
理想郷を作ろうと企てた事件

当初50人しかいなかった場所に
7,000人の信者を引き連れて移住

選挙権を得て、
ラジニーシプーラムという宗教の集会所を作った

資金を増やして、街に必要な建物を次々と立てて行った
学校ショッピングモール病院空港娯楽施設など)

その規模はなんと326km2
名古屋市とほぼ同じ面積

ラジニーシプーラム
市民が暮らすとして正式に認められ
自治体を形成することに成功した

当時のアメリカは
政治に不満を持つ国民が多く
中々良化しないことに幻滅した市民がたくさんいた

そこにカリスマ・ラジニーシの登場で
一気に過激派市民へと変貌することになったようです

バイオテロなどの犯罪行為などを踏まえて
一つの州の自治権を握り
理想郷への実現を目指した

まさに、オウム真理教が起こしたテロ事件に通ずる所がある


広告

こうしたラジニーシプーラム危険視する世論が強まり
1985年10月28日には、ラジニーシ他数名の幹部が
逮捕状なしに逮捕されることとなった

オウム真理教が解体した後
アレフなどの後継団体が現れたように
ラジニーシ(OSHO)の死後、彼の支持者は根強くい続けたようです

ラジニーシプーラム崩壊の原因はシーラ?

シーラとはラジニーシの側近女性の一人

私利私欲に満ちていて、
自分にとって邪魔ものになりうる者を容赦なく排除しようとした

コミューン反対派の弁護士などを襲撃するなど
ラジニーシ教団が狂暴化した原因の人物と言われている

事件後も

ラジニーシの考えは悪くなかったが
 側近(シーラ等)が良くなかった

と評されることもあるらしい

カリスマ・ラジニーシの教え

西洋の心理学×東洋の神秘学
ラジニーシの思想

東洋にも西洋にも世界中若者を魅了した
近代宗教のカリスマ的存在

ポップ・サイコロジー(大衆向け心理学)で
世の中の腐敗政治に憂う多くの若者を虜にしたという

分かりやすく言うと
フリーおせっせ的な考え方と
ヨガの臨床実験などを得意とした

人間は”性”と”道徳”により縛られており
 本質的な自由を失っている

歴史的英雄はただの大量殺人者である

女性には敬意を表する

キリスト教は何千人もの賢女を破滅に追いやった

できるだけ多くのパートナーと
 身体の関係を持つことが大事

一夫一妻制は不自然

反禁欲主義

14歳からは性的パートナー交換を
 無制限に行うことこそ正しい


広告

ラジニーシの本を読んでみる

ラジニーシの感想まとめ

一人の思想家がそのカリスマ性で街を形成して
アメリカの市を一つ乗っ取りかけたというのは
歴史的に見てもかなり特異かつ凄い事だと思う

当然、テロとしての脅威も分かるし
批判されるのも当然

しかし、ラジニーシの教え共感する若者を増やしたのは
腐敗した政治が原因だとも言える

一概にどちらが悪者かというのは言い切れない気もする

オウム真理教には全く興味はそそられない
ラジニーシの教え自体には考察の余地があるように思える

個人的に世界史を履修してから
キリスト教的価値観はニガテなので
その影響もあるのかもしれない

基本的に禁欲主義ではなく
欲望に素直であることを良しとしてる感じがする

個人的には禁欲(抑圧)よりも
欲望に忠実な考え方の方が
解放感があって幸福度が高いとは思う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする