法律の知識がない人でもなれる政治家が法律を作るってヤバくね?


法律とか条例とか
古くさい価値観を元に作られた決め事も多いし
新しくできた法律も規制ばかりで息苦しい

正直、法律はに疑問を感じることも多い

何故、そうなるのか

法律の専門家じゃない政治家法律を作る矛盾

法律の専門家っていうと

弁護士
検事
裁判官

司法試験を受かった人がイメージとして出て来る

司法書士の資格がある人も
法律の専門家といえるかも

でも、
実際に法律を作るのは選挙で選ばれた政治家

人気さえアレば
法律の知識がなくても政治家になれる
そういう人が法律を作っていく…

本当に、こんな仕組みでいいのかな?

って思う



広告





政治家・官僚は老人ばかり

政治家の平均年齢は53歳前後

老害政治家-min

初老の人達が
現代の法律・決まり事を作っていく…

しかもその政治家が法律やその他分野の専門家ではなく、
ただ、人気投票で選ばれた初老の人

ここに、疑問を感じざるを得ない

そりゃ、時代に合わない法律が量産されるよ…

法律を作った後無責任な政治家

政治家は法律を作るまでが仕事

その法律が社会にとって
良い影響を与えたか、悪い影響を与えたか
そういうことは 全て無視 している

何もフィードバックする責任がない

法律を作るだけ作って、
その結果どうなろうがどうでもいい
とても、無責任な仕事だと思う

PDCAサイクル ができてないんだよね

PDCAサイクル-min

法律を作るのは良いとしても

「作った法律を数年間運用して、
 その法律が悪法だった場合は無効にする」

これくらいはしてほしい

でないと、ゴミみたいな法律が量産されて
それが何十年語も効力を持ち続け
息苦しい規制だらけの世の中になってしまう

選挙政治の限界

大衆は無能

基本的に、大衆は

無自覚・無責任・付和雷同

マスコミの報道のさじ加減によって
大衆感情は簡単に操作できてしまうし

小中学校の教育でも
ある程度基本となる価値観を植え付けられてしまう

マスコミ教育を司る一部の人のさじ加減で
大衆の票はある程度動かせてしまう
選挙そのものが機能しなくなってると思う

マスコミは印象操作大得意だし
選挙(人気投票)にはかなり影響するよね…

マスコミ偏向報道やらせ同じ人-min

※毎回同じ人が一般人としてインタビューされるTVの不思議

「人気」ではなく「実力」で選んでほしい

人気投票の選挙で選ぶから政治家は腐る

法律の知識や、経済等の専門的な知識がある人
外国の情勢に詳しい人

そういうある程度の教養専門性のある人
政治家になって、国を動かしてほしい

って思う

「規制」を変えれば電気も足りる

専門家に政治をやってほしい、感想まとめ

・政治家は、作った法律に責任をもってほしい

・法律は数年後に再審査して、悪法は無効にしてほしい

・人気投票ではなく、専門家が政治家になる仕組みが良い

なんか真面目な記事になっちゃった笑

世の中に感じる疑問を自分なりに
描いていくのがこのブログでもあるので
今後も疑問に思うことがアレばどんどん描いていきます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする