大人になってからピアノを始めてみた【レッスン2回目】

月2でアバロンミュージックスクールに通う事に決めた大人の
ゼロから始める音楽生活(ピアノ編)2日目

習ったことをまとめていくよ

 

コード(ピアノ)

基本形展開系

コードは基本形で弾いても展開型で弾いても良い
(弾きやすい場所を選んで弾けばいい)

コード
Cコード ド・ミ・ソ
(ミ・ソ・ド)
(ソ・ド・ミ)
Dコード レ・ファ・ラ
(ファ・ラ・レ)
(ラ・レ・ファ)
Eコード ミ・ソ・シ
(ソ・シ・ミ)
(シ・ミ・ソ)
Fコード ファ・ラ・ド
(ラ・ド・ファ)
(ド・ファ・ラ)
Gコード ソ・シ・レ
(シ・レ・ソ)
(レ・ソ・シ)
Aコード ラ・ド・ミ
(ド・ミ・ラ)
(ミ・ラ・ド)
Bコード シ・レ・ファ
(レ・ファ・シ)
(ファ・シ・レ)

※( )が展開系

<ポイント>
展開系を弾く時もベース(左手)は
コードの核となる音(Cならド)を弾く

 

画像

 

メジャーマイナー

メジャーコード大文字C
マイナーコードCm小文字mが付く

メジャーとマイナーの違い
2番目の音が違う

(例)

  • Cコード:ド・・ド
  • Cmコード:ド・ミ♭・ド

 

メジャーコードの場合
2つ目の音が3度離れている

マイナーコードの場合
2つ目の音が2度離れている

 

2度とか3度とか何ぞやと思うけど
分かりやすく図で解説すると…

間にある鍵盤の数が
3つ離れているとメジャーコード

画像

 

間にある鍵盤の数が
2つ離れているとマイナーコード

画像

 

省略できる音

3つ目の音は省略しても違和感が無い

(例)
Cコード:ド・ミ・←(ソを省略しても良い

これを「ド・ミ」だけで弾いても
そこまで違和感を感じないので
ソの音は省略できる

 

押しやすい形でコードを弾く

全て基本形だと移動が大変

(例)
GコードCコード

ソ・シ・レド・ミ・ソ

画像

 

C展開系を使うと

ソ・シ・レソ・ド・ミ

画像

コードの移動が近くなるので弾きやすい!

 

覚えておくと便利な組み合わせ

Cコード

ド・ミ・ソ
→D:レ・ファ・ラ(基本形
→E:シ・ミ・ソ
→F:ド・ファ・ラ
→G:シ・レ・ソ
→A:ド・ミ・ラ
→B:シ・レ・ファ(基本形

 

ミ・ソ・ド
→D:ファ・ラ・
→E:ミ・ソ・シ(基本形
→F:ファ・ラ・ド(基本形
→G:レ・ソ・シ
→A:ミ・ラ・ド
→B:レ・ファ・シ

 

ソ・ド・ミ
→D:ラ・レ・ファ
→E:ソ・シ・ミ
→F:ラ・ド・ファファ・ラ・ド(基本形
→G:ソ・シ・レ(基本形
→A:ラ・ド・ミ(基本形
→B:ファ・シ・レ

 

Dコード

レ・ファ・ラ
→E:ミ・ソ・シ(基本形
→F:ド・ファ・ラ
→G:レ・ソ・シ
→A:ド・ミ・ラ
→B:レ・ファ・シ
→C:ド・ミ・ソ(基本形

ファ・ラ・レ
→E:ソ・シ・ミ
→F:ファ・ラ・ド(基本形
→G:ソ・シ・レ(基本形
→A:ミ・ラ・ド
→B:ラ・ド・ミ(基本形
→C:ミ・ソ・ド

ラ・レ・ファ
→E:シ・ミ・ソ
→F:ラ・ド・ファ
→G:シ・レ・ソ&ソ・シ・レ(基本形
→A:ラ・ド・ミ(基本形
→B:シ・レ・ファ(基本形
→C:ソ・ド・ミ

 

Eコード

ミ・ソ・シ
→F:ファ・ラ・ド(基本形) 
→G:レ・ソ・シ
→A:ミ・ラ・ド
→B:レ・ファ・シ
→C:ミ・ソ・ド
→D:レ・ファ・ラ(基本形) 

ソ・シ・ミ
→F:ラ・ド・ファ
→G:ソ・シ・レ(基本形
→A:ラ・ド・ミ(基本形
→B:ファ・シ・レ
→C:ソ・ド・ミ
→D:ファ・ラ・レ

シ・ミ・ソ
→F:ド・ファ・ラ
→G:シ・レ・ソ
→A:ド・ミ・ララ・ド・ミ(基本形
→B:シ・レ・ファ(基本形
→C:ド・ミ・ソ(基本形
→D:ラ・レ・ファ

 

Fコード

ファ・ラ・ド(F)
→G:ソ・シ・レ(基本形) 
→A:ミ・ラ・ド
→B:ファ・シ・レ
→C:ミ・ソ・ド
→D:ファ・ラ・レ
→E:ミ・ソ・シ(基本形) 

ラ・ド・ファ(F)
→G:シ・レ・ソ
→A:ラ・ド・ミ(基本形) 
→B:シ・レ・ファ(基本形) 
→C:ソ・ド・ミ&ド・ミ・ソ(基本形) 
→D:ラ・レ・ファ
→E:ソ・シ・ミ

ド・ファ・ラ(F)
→G:レ・ソ・シ
→A:ド・ミ・ラ
→B:レ・ファ・シ
→C:シ・レ・ファ(基本形) 
→D:レ・ファ・ラ(基本形) 
→E:シ・ミ・ソ

 

Gコード

ソ・シ・レ(G)
→A:ラ・ド・ミ(基本形) 
→B:ファ・シ・レ
→C:ソ・ド・ミ
→D:ファ・ラ・レ
→E:ソ・シ・ミ
→F:ファ・ラ・ド(基本形) 

シ・レ・ソ(G)
→A:ド・ミ・ラ
→B:シ・レ・ファ(基本形) 
→C:ド・ミ・ソ(基本形) 
→D:ラ・レ・ファ&レ・ファ・ラ(基本形) 
→E:シ・ミ・ソ
→F:ラ・ド・ファ

レ・ソ・シ(G)
→A:ミ・ラ・ド
→B:レ・ファ・シ
→C:ミ・ソ・ド
→D:レ・ファ・ラ(基本形) 
→E:ミ・ソ・シ(基本形) 
→F:ド・ファ・ラ

 

Aコード

ラ・ド・ミ(A)
→B:シ・レ・ファ(基本形) 
→C:ソ・ド・ミ
→D:ラ・レ・ファ
→E:ソ・シ・ミ
→F:ラ・ド・ファ
→G:ソ・シ・レ(基本形) 

ド・ミ・ラ(A)
→B:レ・ファ・シ
→C:ド・ミ・ソ(基本形) 
→D:レ・ファ・ラ(基本形) 
→E:シ・ミ・ソ
→F:ド・ファ・ラ
→G:シ・レ・ソ

ミ・ラ・ド(A)
→B:ファ・シ・レ
→C:ミ・ソ・ド
→D:ファ・ラ・レ&レ・ファ・ラ(基本形) 
→E:ミ・ソ・シ(基本形) 
→F:ファ・ラ・ド(基本形) 
→G:レ・ソ・シ

 

Bコード

シ・レ・ファ(B)
→C:ド・ミ・ソ(基本形) 
→D:ラ・レ・ファ
→E:シ・ミ・ソ
→F:ラ・ド・ファ&ド・ファ・ラ
→G:シ・レ・ソ
→A:ラ・ド・ミ(基本形

レ・ファ・シ(B)
→C:ミ・ソ・ド
→D:レ・ファ・ラ(基本形
→E:ミ・ソ・シ(基本形
→F:ド・ファ・ラ&ファ・ラ・ド(基本形
→G:レ・ソ・シ
→A:ド・ミ・ラ

ファ・シ・レ(B)
→C:ソ・ド・ミ
→D:ファ・ラ・レ
→E:ソ・シ・ミ
→F:ファ・ラ・ド(基本形
→G:ソ・シ・レ(基本形
→A:ミ・ラ・ド

 

音階

音階にも色々ある

♯や♭がついてない
一番簡単な音階Cコードの音階

お馴染みの白鍵盤で
ドレミファソラシドとなる音階だ

 

そっから白鍵盤で5個先の音から始まる
Gコードでは楽譜に♯が1つ追加される

Gコードは「ファ」に#が付く(半音高くなる)
ソラシドレミファ(#)

 

そこから白鍵盤で5個先の音から始まる
Dコードでは更に#が1つ追加される

Dコードは「ファ」と「」に#が付く
レミファ(#)ソラシド(#)

 

今まで#が付いた音+最後の一個手前が
半音上がるというルールで以下省略

 

【Aコード】
ラシド(#)レミファ(#)ソ(#)

【Eコード】
ファ(#)ソ(#)ラシド(#)レ(#)

【Bコード】
ド(#)レ(#)ファ(#)ソ(#)ラ(#)

【Fコード】
ファ(#)ソ(#)ラ(#)ド(#)レ(#)ミ(#)ファ(#)