生きる=理不尽なこの世界に逆らい続ける事。俺やアナタの代用品は沢山いる


中二病のみなさん、ちゅにーっす!

さて、みなさんは

生きるのがツラいデスか?

辛い…

そう感じる人、結構多いような気がスル

生きるのに、世界に望まれる必要なんて無い

今回は適当なボヤきデス

何故生きるのがツライのか

自分の理想現実が違うカラ

社会などの現実に自分が否定された気分になるカラ

人間関係が上手くいかないカラ

が満たされない…

カラダが満たされない…

将来が不安だ…

色々あると思ウ

俺やアナタがいなくても世界は回る

b0173754_293797-min

世界が、一個人を必要とすることなんて無い
どんなにキレイ事を行ったとしても…

例えば、有名人が亡くなったというニュース があル

その瞬間だけ世間での
テレビや新聞報道や
ツイッターのTLは大盛り上がりすル

でも、

数カ月もすれば話題にも出されずに
世界は回っていく…

これが現実

有名な人でも、
広い世界からしたらこの程度の存在

実際、俺やアナタが亡くなったとして
ネット上でそれを気づく人は何人もいないだろうし
俺が消えた所で世界は何一つ変わらず回ル

個人の命なんて、その程度のちっぽけなもの

だから、
リスカとかで脅すのも 実はなんの価値もない

替わりなんて世界に沢山いるのだから

表向きな態度で心配されても
実際に俺やアナタが消えたら消えたで
俺やアナタの代用品はいくらでもあるのだカラ…

世界は
俺やアナタが死のうが生きようがどうだっていい
世界が俺やアナタを望むことは無い


広告




世界に望まれなくても、生きル

images

世の中に望まれなくても
世界中全てから見捨てられたとしても
世界が自分を必要としてなくても

それでも生きていく

生きるというのは、

世界の不条理に逆らい続けること

必要とされるのは嬉しいこと

でも世界は理不尽の海

自分の存在が望まれることよりも
どうでもいい一人に分類されることのほうが多い

そんな 理不尽な世の中に逆らい続ける こと

それが生きるということ

昨日も一昨日も

今日も明日も明後日も

去年も来年も

いつもいつも

逆らい続けル

大きな世界が理不尽に攻めてくるなら

そんな理不尽な世界に逆らって
自分の小さな世界を創る

それを少しずつ大きくしていく

それが、生きるということ

※価値観は人それぞれ異なりマス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする