現代はフロンティア(未開拓地)が少ないから幸福度を得られにくい

ふと思うことがある

生きていて、とても息苦しいな

毎日毎日が同じようなコピペ生活

何で生きてるんだろう? 

繰り返される空虚な毎日・人生

毎日毎日、代わり映えのない生活を
ただただ繰り返しているだけ

一瞬を知ってほしくて-min

何かにチャレンジすると言っても
世の中にありふれたことばかり

既に自分より先に、恵まれた環境で
それをやってる人は沢山いて

誰も踏み入れた無いような場所なんて
世界にはもう殆ど残されてない

未開拓領域があるワクワク感

幼稚園くらいの頃、
世界のあらゆるものが不思議に視えていた

何の変哲もない森ダンジョン

ただの棒きれ伝説の剣

タオルケット王者のマントだった

それは
自分の知らない世界ばかりだったから
あらゆるものが不思議に思えて、未開拓だったから

子供にとって森は異世界、不法投棄されたゴミはオーパーツ!異世界を視る眼
中二病が発症する前… それは幼児の頃に遡ル… あの頃に見た世界は 全てが未知に満ちあふれていて ファ...

未開拓地(フロンティア)のない世界

でも、実際はそんなことない

世界は開拓されつくされ、
世界の限界も容易に想像できてしまう

なんて、息苦しい世界なんだろう

と考えてしまう


広告

一部の富裕層が富を独占している-min

政治や世界情勢を見ると
利権の守り合いと、足の引っ張りあい

ニュースを見れば暗いニュースばかり
どうでもいいニュースも多い

庶民も庶民同士で争い
上に反抗するということはまずしないから
いつまでも同じ金太郎飴社会が続くだけ

毎日毎日
似たような生活サイクルを送る自分は
巣の周りで八の字運動をしてる蜂と何が違うんだろう?

%e3%83%90%e3%82%bf%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88-min

若い時間は短いのに
貴重な若い時間体力を差し出して
なんとか生きていけるだけのお金を得てる

一方で、
生まれる前から資産・土地を持ってる人
運用だけで、多くの金を稼げる

社畜という名の奴隷…正社員は負け組?資本主義の実態とは【ピケティ】
誰もが勝ち組だと思える エリートサラリーマンすら、負け組? ピケティの「21世紀の資本論」にて 驚きの資本主義の実態が発表...

フロンティア(未開拓地)はなく
世界は既に、誰かの利権になってるものばかり

何て、つまらない世界なんだ…

ネット上も狭い

インターネットを初めてやった時、
見知らぬ広い世界がそこには広がっていた

大航海時代の人大海原を見た感覚は
きっと、このような感覚に近いんだろうなと思った

開放感-min

でも、ネット上も言うほど広く無かった
いや、広いんだろうけど結局は狭い

人が居ないサイトはすぐ潰れて
人が多いサイトが生き残るから
結局、一部のサイトがネットのほぼ全てになる

未開拓なワクワク感が欲しいな

宇宙はフロンティアになりうるのかな?
自分が生きてる内に、宇宙開拓が進むのかな?
そもそも、宇宙で人類は生きていけるのかな?

それとも、

天才少年・ローハン君が指摘するような
パラレルワールド(平行世界)が存在して
俺がそのパラレルワールドに行く可能性はあるのかな?

ニコラ・テスラの生まれ変わり?超天才少年ローハン君が宇宙滅亡を指摘
以前、オカルティックナインの記事で ニコラ・テスラについて書いた ニコラ・テスラがいなければ 人間の科学力は100年遅れていたとも...

不思議が足りない
未知が足りない
ワクワクが不足している

もっと世の中にワクワクが欲しい
ワクワクを知覚できる人にもなりたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする