独断と偏見で2017年ドラフト候補を分析、この選手を指名して欲しい!

さて、もうそろそろドラフトだね!

毎年、贔屓球団にどんな選手が来るのか
ドキドキワクワクの時期…

横浜は昔はドラフトでハズレ引きまくったけど
最近は良いドラフトを続けて、
その結果が最近の大躍進につながってると思う

自分はいちファンであり
ドラフトに詳しいわけではないけども

ドラフト候補を分析して感想言ってみます
※独断と偏見を含みます
※にわかなので、上位予想の選手ばかりです

個人的に欲しい選手

田嶋 大樹(JR東日本)

182cm 75kg 左左 MAX152km

大社即戦力No1左腕

MAX152キロのストレートと、
肩関節の柔らかさが売り

2017年の成績は

防御率 2.15
奪三振率 8.58
四死球率 3.81
先発時
平均イニング
7.63

コントロールも悪くなく、奪三振率もなかなか

182cmの長身左腕で、
コントロール・スタミナも優秀
カウントを取れるカーブも魅力

高卒社会人なので年齢が若いのも○

肩関節が柔らかく、肩の回復が速いのも良い

安田尚憲(履正社)

188cm 95kg 右左 三塁手


広告

高校通算65発

甲子園通算成績は

打率 .379
出塁率 .514
長打率 .655
本塁打 1本

木製バットを使用する国際大会では

打率 .324
出塁率 .452
長打率 .441

スイングの時にができており
頭がぶれないのが良い

選球眼もあり、四球を取れるタイプ
ポジションはサード
肩も強いので外野手コンバートもあり

高校生野手の目玉、清宮と比べて良い点

木製バットで良い結果を出している

・サードで、肩も強いので潰しが効く

・強豪が少ないので、クジで当たる確率が高い

指名拒否のリスクが少ない

・清宮より選球眼がある(IsoDが高い)

プロ入り後、
安田清宮を追い抜く可能性は十分にあると思う

中村 奨成(広陵)

181cm 76kg 右右 捕手

二塁送球1.9秒台の強肩


広告

甲子園成績

打率 .679
出塁率 .719
長打率 1.536
本塁打 6本

OPS2.000を超えてるwwww

獲得したい点

甲子園での勝負強い打撃は魅力

強肩で、足も速いので、捕手が駄目になっても
他のポジションへコンバートすることもできそう

微妙な点

木製バットでは
打率.120と低迷…

木製バットに慣れるのに数年かかるかもしれない
打撃力は清宮・安田と比べると一枚落ちる…

田中 俊太(日立製作所)

178cm 80kg 右左 二塁手

広島の正ショート・田中の弟

アベレージヒッタータイプの打撃
長打力や選球眼もなかなかの物がある

体幹が強く、軸がぶれない打撃フォームが良いので
安定した成績を残せるタイプになると思う

守備力も高い

ドラフト2~3位で取れたら嬉しいが
横浜の2位まで残ってるかどうか…

縁があれば取ってほしいね、二遊間は弱点だし

岩見雅紀(慶應義塾大)

187cm 107kg 右右 外野手

東京6大学リーグの通算本塁打数が歴代3位
シーズン最多タイ記録7本塁打
リーグ記録5試合連続ホームラン

等など、とにかく打撃の記録がものすごい!

17秋の打撃成績が

打率 .270
本塁打 10本
出塁率 .426
長打率 .838

ホームランモンスター・岩見

東京6大学リーグの歴代本塁打記録上位と比べて

本塁打率が圧倒的!!

岩見:172打数21本(本塁打率:8.19

高橋由伸:366打数23本(本塁打率:15.92
田淵幸一:342打数22本(本塁打率:15.55
岡田彰布:309打数21本(本塁打率:15.45

歴代レジェンド倍のペース
本塁打を量産する、ホームランモンスター!

しかも、高橋・田淵・岡田時代よりも
広くなった神宮球場で、この本塁打率はバケモノ

打撃だけで見たら、
今回のドラフトで間違いなくNo1

圧倒的な長打率で相手が警戒するので
出塁率も伸ばせる


広告



打撃フォーム・肉体もも日本人っぽくなく、
外国人枠を使わない助っ人外国人選手みたいなもの
と考えれば、かなりのオイシイ

問題なのは守備が微妙ということだが
レフトであれば、NPBは守備が下手な選手も多いし
DHであるならば守備は必要ない

今回のドラフトの大目玉・清宮も守備はボロボロ…

それでもドラフトで1番人気だということを考えると
岩見指名はかなりオイシイといえるかもしれない

横浜の指名は恐らくないだろう
しかし、岩見は活躍すると思う

DHありのパリーグで、おかわり・山川という
大砲を育てた西武あたりが指名したら面白い

指名を避けたい選手

清宮 幸太郎(早稲田実)

184cm 100kg 右左 一塁手

清宮については、コチラで詳しく書きます

清宮ドラ1位はコスパが悪いと思う5つの理由まとめ。2017年ドラフト
今年のドラフトの大目玉といえば 清宮 幸太郎(早稲田実) 5~7球団競合しそうなくらいのフィーバーっぷり しかし、...

東 克樹(立命大)

170cm 78kg 左左 MAX152km

大学No1左腕
指標は圧倒的に良い

身長が低いのが気になる

ヤクルトの小さな大投手、
石川投手のようになれるかもしれない

ここ1年で球速が10キロ伸びたのは評価したい

しかし、個人的には田嶋の方が良いかなと感じた

藤岡 裕大(トヨタ自動車)

178cm 83kg 右左 MAX149km 遊撃・三塁・外野

社会人No1ショート
肩はメチャクチャ強い
しかし、守備範囲が狭そうだと思う…

捕球してから送球までステップが多すぎ
昔の石川内野手を見てるみたい…
※肩は超強いけど

サードとしてなら良いが
ショート評価でドラフト上位で消えるなら
特に狙わなくても良いと思える

増田 珠(横浜)

181cm83kg 右右 外野手

地元横浜高校の選手で
高校生No1外野手

能力は悪くないと思うが、
それ以上に過大評価されている気がする

同じ横浜高校出身の外野手で、
日ハムにドラフト3位で指名された
淺間大基と比べると、スケールが落ちる


広告



増田はドラフト2~3位候補と評価されているが
この順位で無理して指名するほどでもない

4位で取れるなら欲しいが、
間違いなく残ってないだろう

横浜のスタメンも外野手3人全てが元内野手

内野外野はいけるが
外野内野はファースト以外厳しい

高校生外野手は基本的に評価は低い

よほどの怪物出ない限りは、
無理して指名する必要はないと思う

宮台 康平(東大)

178cm84kg 左左 MAX150km

東大に歴史的な勝ち点をもたらした
東大のエース左腕

・フォームの追求により、球速は速い

・しかし、奪三振率が低いのがネック

クイックも現時点では問題がある
 今のままだと、フリーパスで走られ放題だろう

6位以下で取れるなら欲しいが
その順位では恐らく取れないだろう

鈴木 博志(ヤマハ)

181cm95kg 右右 MAX157km

豪速球投手として評価が高く、
直球のノビは
ハンカチ世代で西武のドラ1大石を彷彿とさせる

しかし四死球率:7.43とかなり高い…

ノーコンノーコン騒がれた濱口ですら
アマ時代の 四死球率は5.51

鈴木のノーコン具合は異次元…
おそらく、北方悠誠レベルだろうと思う
右の豪速球&ノーコンは
北方国吉と、横浜で育てられる気がしないので
横浜が指名しても無駄だと思う


広告



2017年ドラフト、上位で欲しい選手まとめ

【上位で欲しい選手】

・田嶋 大樹(JR東日本)
・安田尚憲(履正社)
・中村 奨成(広陵)
・田中 俊太(日立製作所)
・岩見雅紀(慶應義塾大)

【指名を避けても良い選手】

・清宮幸太郎(早稲田実業)
・東 克樹(立命大)
・藤岡 裕大(トヨタ自動車)
・増田 珠(横浜)
・宮台 康平(東大)
・鈴木 博志(ヤマハ)

あくまで、素人の感想なので
当たるか当たらないかは未知数の感想でした!

清宮ドラ1位はコスパが悪いと思う5つの理由まとめ。2017年ドラフト
今年のドラフトの大目玉といえば 清宮 幸太郎(早稲田実) 5~7球団競合しそうなくらいのフィーバーっぷり しかし、...
follow us in feedly ブログランキング・にほんブログ村へ


広告

・中二病Evergreenオススメの素敵な作品一覧

・マッドサイエンティスト:二コラ・テスラの実験。オカルティックナイン考察

・喉の調子・ノド痛がスグ治る?歌い手に朗報!漢方・響声破笛丸料がすごい!

・「その厳しい目、自分自身の人生に向ける勇気ある?」

・中二病なら1度はハマる!?ユダヤ人陰謀論が規格外に凄すぎる件www

・キレイゴト恋愛観へのアンチテーゼ アニメ化・クズの本懐を考察

・「メリークリスマス」が言えなくなったアメリカ

・ようこそ実力至上主義の教室へ。自己責任の高校生活。哲学的で名作の予感!1話感想

・デスノート現象!トランプ大統領の当選理由はカリスマ性とキレイゴトへの反動

・【中二病診断所】9個中5個当てはまった人は厨二病かも?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする