天才子役が母親を訴える。親子の絆は深いから闇が困難。リーガルハイ8話感想まとめ

中二病なら絶対にハマれるドラマ!

リーガルハイの感想&キャラ紹介!

リーガルハイを見る

リーガルハイの感想&キャラ紹介まとめ
中二病なら絶対にハマれるドラマ! リーガルハイの感想&キャラ紹介! リーガルハイを見る リーガルハイの...

成功する子役は2パターン

黛が、テレビで
天才子役・安永 メイの演技を見て感動していると

天才子役は大きく2パターンある

大人の金儲けの為に
鞭を打たれる哀れな操り人形

大人の顔色を見て手玉に取る
マセたクソガキ

このどちらかだと、古美門が持論を語る

天才子役と親のトラブル

天才子役・安永 メイは親と不仲

天才子役の現実-min

自分をこき使う親への反抗心が強く
親が外に出かける隙を見計らって
大学生の男を家に呼び出す

そして、その男たちが来る前から
一人でを飲みまくって、潰れる

急性アルコール中毒で倒れる

一人で酒を飲みまくって、潰れる-min


広告

大学生の男を家に呼び出す-min

全て、天才子役の計算

安永 メイは体調不良として
休養することが発表された

安永 メイは体調不良として休養することが発表された-min

急性アルコール中毒で倒れたとしれば
イメージはガタ落ち

母親(事務所社長)
体調不良で押し通すように寝回す

その隙に、病院からこっそり脱出して
自由を得る安永 メイ

計算通り!

依頼人は天才子役

実の母親と縁を切りたい

古美門事務所に安永 メイから弁護の依頼が来る

事務所社長である 実の母親を訴える!

「あの女と縁を切らせて」

実の母親と縁を切りたい-min

親権を取り上げる裁判の依頼をする
女子小学生の天才子役

虐待などが明らかな場合、
親権を取り上げることはできる

仕事と夜遊びに明け暮れて
肺は真っ暗、肝臓ボロボロ、12歳

母親による虐待そのもの

子供でも訴訟ができる

子ども自身が請求権者となり、
親権喪失や停止を申し立てることは可能


広告

古今東西、あらゆる子役の悲劇
全て一審に抱え込んだとも言える安永 メイ

ませたクソガキでもあり
大人の操り人形でもあった

安永 メイは2000万円で古美門を雇う

子供でも訴訟ができる-min

母親は三木事務所に依頼

母親の主張

金の無駄遣いをするから、制御した

30すぎのスタイリストと付き合ってたから
 無理やり別れさせた

遊ぶお金と好きな男を自由にしたいから
親の監視下から逃れたい…
反抗期のようなものだと主張

母親は三木事務所に依頼-min

最終兵器・古美門の父親

三木が用意した弁護士は
古美門の実の父親・古美門 清蔵

古美門の実の父親・古美門 清蔵-min

古美門は子供の頃
厳しすぎるほどにしつけられたトラウマがある

古美門の過去

サンタクロースはいない

クラスメイトに
「サンタクロースはいない」と言い、泣かせた

本当のことを言ったのに
父親に厳しく怒られる古美門

「サンタクロースがいないという根拠は?
「根拠を示しなさい」
見たことないものは存在しないと?
「世界中の人にインタビューしたんですか?」
「他人を傷つけるきくらいなら、どっか遠くに消えなさい

と、小学低学年の子供を追い詰める
パパ古美門

父親に厳しく怒られる古美門-min

子役が親を訴える裁判・審問

子役の主張

生後7ヶ月から馬車馬のように働かされた

母親自身がなし得なかった夢を娘に託して叶える為に、
生まれてからずっと利用してきた

ご主人との離婚により
子役として芸能界で成功させるために
より厳しくされた

メイはほとんど学校に通えなくなった

生後7ヶ月から馬車馬のように働かされた-min

一方、母親は素行がドンドン派手になっていった

メイが稼いだお金を使い込み、
ブランド品を買い漁り
毎晩のようにホスト通いする日々

メイがいる自宅にホストを呼び込み
ホストを押し倒し、夜の営みをすることも…

ホストと夜の営みをすることも…-min

メイは学校に行けないから友達はいない
父親も再婚している

メイには頼れる相手が誰もいない


広告



親子の醜い言い争い

母親
「家庭教師を雇って勉強させてました」

家庭教師を雇って勉強させてました-min

メイ
イケメンの慶應大学生
イチャつきたかっただけでしょ?

「アナタは金と男の為に
 私を利用し続けてきたのよ」

母親
「共演者の男の子と
手当たり次第遊んでたのはそっちでしょ」

「私がどれだけイメージを守るために
火消しをしてきたと思ってるの!」

メイ
「私が稼げなくなると、自分が困るからでしょ?

私が稼げなくなると、自分が困るからでしょ?-min

母親
「アナタ、あのスタイリストの事、恨んでるだけじゃない」

メイ
自分も狙ってたからでしょ?

裁判官の前で言い争う二人

子供の福祉の観点から
このような状況で健全な発達は見込めない
…と主張する古美門

それに対し、
父親である古美門 清蔵(コミパパ)が反論

コミパパ
親権を停止させてどうしたいのか?

古美門
「芸能活動を休止し、
通常の人間関係と社会を学びたい

コミパパ
「留美子さん、それは受け入れられないんですか?」

父親である古美門 清蔵(コミパパ)が反論-min

母親
「いいえ。メイが望むなら受け入れます」
「これまでも仕事が嫌なら辞めても良いと言ってました」

コミパパ
「ほら、これで解決だ」

古美門
「メイさんにとって、
母親の『辞めても良い』は脅迫にほかならない」

「物心付く前から、
母親の求める幸せこそ全てだと洗脳されてきた」

「メイさんはその洗脳から懸命に抜け出そうとしている
「留美子さんの元でそれは叶いません」

コミパパ
「洗脳の定義とは?」


広告



古美門
「一般常識と異なる価値観や思想を植え付けることです」

コミパパ
洗脳とは、暴力などの外圧を用いることで
特殊な思想を植え付けることであって、
子供の教育などについて行われる場合には
マインドコントロールといいます
アナタは言葉の意味を分からずに使っている
少しは勉強してくればいかがですか?

と古美門を論破する

古美門を論破する-min

コミパパ
親が自分の信じる幸せを子供に求めるのも
子供がそれに反発すること
どちらも自然なことです
メイさんは、極めて正常に発達していると思います」

親への反発

古美門事務所にコミパパがやってくる

コミパパ
「メイさんに自分を重ねているようだ」

古美門
「10代でアナタと縁を絶ち、
自力で人生を切り開いたから今の私がいます」

コミパパ
「まさか、アナタは自分が成功者だと思ってますか?」
ドブネズミが高級スーツを着ているようにしか見えない」
「昔から君は、卑怯で卑屈で頭が悪すぎた
「君はもう手遅れだ、しかしあの親子はまだ間に合う」

古美門
「スカイツリーは大きいですよー
昭和の電波塔なんかより遥かに
時代は変わったんです

親への反発-min

私はサンタクロースを信じない

古美門も、親との関係の根が深いと感じる黛に
「サンタクロースはいつまで信じていた?」と質問

サンタクロースとは
夜中に不法侵入して荷物をおいていく老人の事

黛は「今でも信じている」と回答

流石、朝ドラ!笑

そして…
依頼人である天才子役・メイは

「私はサンタなんて一度も信じたことはない」

私はサンタなんて一度も信じたことはない-min

メイのその姿に
かつての自分を重ねた古美門は

「必ず勝とう」と力強く約束する

「必ず勝とう」と力強く約束する-min

証人の取り合い

古美門は、マネージャーである梶原を説得
梶原は了承するも、それは母親側のトラップだった

母親は、自分の都合の良い証言をさせるために
梶原に結婚をチラつかせコントロールしていた

母親は、梶原に結婚をチラつかせコントロールしていた-min

まさに、悪女!笑

その直後、母親はホストでどんちゃん騒ぎ

「私の美貌で、男を一人落としてきたのよ」

「加齢臭の酷いおっさんだけど、
裁判で勝つために芝居打っただけなのに
コロっとその気になっちゃってw」

と言ってる姿を

ホストとして潜入していた蘭丸が動画撮影していた

私の美貌で、男を一人落としてきたのよ-min

梶原が母親側に有利な証言をすると
古美門はこの映像を使い、
梶原の発言を撤回させる事に成功する

最終的には裁判官の心証

今回の親権停止、
最終的には裁判官の心証で決まる

となると、天才子役のメイが有利

メイは裁判官の心証を揺さぶるセリフを暗記し
完璧に演じる練習をする

メイは裁判官の心証を揺さぶるセリフを暗記し-min

完璧に演じる練習をする-min


広告



メンヘラ母のリストカット

娘を失うのではとの焦りで
過呼吸になり、リストカットをする母親

過呼吸になり、リストカットをする母親-min

母のリストカットの知らせを聞いた黛は
「母親に会いに行った方が良い」としつこく言う

「私は絶対にいかない!」

と、激昂するメイ

私は絶対にいかない!-min

古美門

「12歳の子が母親と断絶しようとしている
 内心どれほどの苦悩を抱えて
 血を吐く思いをしているか君に分かるか?」

「二度と薄っぺらい言葉を吐くな」

これについては古美門が正論だと思う

家庭の問題って複雑でデリケートで、
他人が強要していい話ではないと思う

演技は中止、本心で戦う

いくら演技が完璧でも
本心をむき出しにして来られたら勝てない

古美門父なら、そういう戦略を取ってくる

と、台本を破り捨てる古美門

演技は中止、本心で戦う-min

メイがどれほどの苦悩を抱えて
母親のことも理解した上で、
今回戦っているのかを見抜いた古美門は
メイの本心を信じることにしたんだと思う

親を見抜く子供

母親のリスカに対し、見舞いにも来なかった

と、相手側の主張に対し、

行けば元の木阿弥だから行かなかった と反論

母親は過去に2回、同じようなリスカをしている

1度目は、人気絶頂だった頃、アンチファンが増えた時
2度目は、新たな人気子役が台頭した時

メイはその度に、
母のために必死に仕事するようになった


母も娘も病んでいます

古美門
「お互いの依存関係を断ち切らなければ
治療も公正も測れない」

コミパパ
「親子の絆は、深くて強い」

古美門
「深くて強い絆だから困難なんです」

深くて強い絆だから困難なんです-min

古美門
成功が欲望を呼び欲望は破滅を呼ぶ
自らの存在が母を不幸にするとメイさんは知っています」


「メイさんは、会いに行きたい気持ちを
必死に押し殺して、我慢した」

「母を、救うために」

メイ
「お母さんには、私のことを忘れて
自分の人生を歩んでほしいんです」

お母さんには、私のことを忘れて-min


広告



スカイツリーより東京タワーの方が大きい

東京から鹿児島に
帰ろうとする父親に話しかける古美門

コミパパ
スカイツリー、見てきましたよ」

古美門
「想像より、ずっと高かったでしょう?」

コミパパ
「いや、東京タワーの方が大きかった。遥かに

東京タワーの方が大きかった%u3002遥かに-min

周りに大きい建物が少なかった時代に建てられた
東京タワー

大きな建物が多い時代に生まれた
スカイツリー

存在感の大きさ で言えば
当事の東京タワーって衝撃的だったんだろう

メイの後継人が決まる

ロンドンに住む、
父親の姉が引き取ってくれる事になった

子役は賞味期限の短い消耗品

どうせイメージも悪くなったし、
芸能界は引退すると決意

「子役をやるだけやったら、ハイ次の人生!」

子役は賞味期限の短い消耗品-min

古美門
君は根っからの女優だよ、必ずカムバックする
シェイクスピアの国で思う存分学んでくるが良い」

服部さんの正体

一般公募で応募してきた事務員

…だと、古美門は思っているが、
実は、コミパパの旧知だった

裁判で助けられたコミパパへの恩を返すために
古美門に奉仕している

「先生に拾っていただいた命、
せめてご子息に奉仕させてください」

服部さんの正体-min

父親も、なんだかんだ息子が心配なので
服部さんを送り込んでいたようだ

なんだかんだ息子が心配なので-min

この関係、
古美門蘭丸の関係に近いね!


広告



リーガルハイ8話感想まとめ

個人的に、リーガルハイで1番好きな回

天才子役・安永 メイの役を演じた
吉田里琴(現・吉川愛)自身も天才子役だった

学業に専念するために一度芸能界を引退し
その後、カムバックしている

安永 メイという役と
吉田里琴(現・吉川愛)は共通点が多すぎる!

それもあり
この話はかなり深みを増してる気がする

「家族」って周りから見たら
「幸せ」が当たり前だと思われる

でも、それぞれに闇を抱えてたりもする

その闇が大きい人も多い

周りが家族をアタリマエと押し付ける風潮
余計に苦しめるってこともある

俺も、そういう心当たりがある

だからこそ、この回は大好き!

リーガルハイを見る

リーガルハイの感想&キャラ紹介まとめ
中二病なら絶対にハマれるドラマ! リーガルハイの感想&キャラ紹介! リーガルハイを見る リーガルハイの...
follow us in feedly ブログランキング・にほんブログ村へ


広告

・中二病Evergreenオススメの素敵な作品一覧

・マッドサイエンティスト:二コラ・テスラの実験。オカルティックナイン考察

・喉の調子・ノド痛がスグ治る?歌い手に朗報!漢方・響声破笛丸料がすごい!

・「その厳しい目、自分自身の人生に向ける勇気ある?」

・中二病なら1度はハマる!?ユダヤ人陰謀論が規格外に凄すぎる件www

・キレイゴト恋愛観へのアンチテーゼ アニメ化・クズの本懐を考察

・「メリークリスマス」が言えなくなったアメリカ

・ようこそ実力至上主義の教室へ。自己責任の高校生活。哲学的で名作の予感!1話感想

・デスノート現象!トランプ大統領の当選理由はカリスマ性とキレイゴトへの反動

・【中二病診断所】9個中5個当てはまった人は厨二病かも?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする