我々は神ではない、真実なんて分かるわけがない。リーガルハイ1話感想

リーガル・ハイ1話の感想まとめ

リーガルハイを見る

リーガルハイの感想&キャラ紹介まとめ
中二病なら絶対にハマれるドラマ! リーガルハイの感想&キャラ紹介! リーガルハイを見る リーガルハイの...

電車で老人に席を譲るかどうか

弁護士の(まゆずみ)が
空いた席に老人を座らせようとした所

ある男が、割り込んで座った

電車で老人に席を譲るかどうか-min


「こちらの老人に
席を譲って差し上げればいかがですか?


何で?


体力のある者が、体力の無い者に
 席を譲るのが当然のモラルでありマナーだと思いませんか?」


「思います」

「しかし、若いから体力があり、
 お年を召しているから体力がないと
 一様に断じてしまって良い物でしょうか?

「アナタ、私が重度の心臓病を患ってる可能性
少しでも考慮しましたか?」


「患ってらっしゃるんですか?」


「いいえ?」


広告

「彼(老人)は見た目は60代だが、
スポーツクラブに通っていて体力は私よりあるだろう」

「そして、そのスポーツクラブは次の駅にある」

と、完全論破される

通勤・通学してる人が、老人に席を譲るのが正しい的な電車マナーに反論
ちゅにーっス! 中二病諸君は、電車に乗ってるカイ? 日本で生活している以上、 電車に乗ったことくらいはあるよネ...

黛は大手弁護士事務所の新人弁護士

とある案件を抱えていたが
依頼人の有罪が決まってしまった

依頼人を助けたい黛は
控訴審をしようとするも、
社長の三木に反対される

バイト先でイジメてくる先輩が殺された事件

黛が抱えていた案件

フリーターの坪倉くん
ガソリンスタンドでバイトしている

しかし、容量の悪い坪倉君は
上司にこっぴどく叱られ続ける毎日を過ごしていた

仕事のミスをする度に
暴言や、暴力をされていた

バイト先でイジメてくる先輩が殺された事件-min

そんな上司が、刺殺されて死んだ

その容疑者として
坪倉くんが疑われた

刑事の脅迫的な自白誘導

ベテラン刑事には脅迫的に自白誘導をされる
椅子を蹴られ、大声で迫られる坪倉くん

刑事の脅迫的な自白誘導-min


広告

判決

被告人を懲役10年に処する

最強弁護士・古美門を紹介される

三木の秘書、沢地から
人間性は最悪だが、
裁判で無敗の弁護士を紹介される

彼は元々、三木法律事務所に所属していたが
三木とトラブルがあり、独立していた

三木に処分される覚悟を引き換えに
古美門弁護士の事務所を伺うことにする

しかし、そこにいたのは
電車で論破してきたあの男だった

最強弁護士・古美門を紹介される-min

古美門が待っていた来客は美人中国人

古美門が待っていた来客は美人中国人-min

黛の話を聴いてくれない
しかし、執拗に話に割り込み続ける黛

あまりにも五月蝿く騒ぐ黛に

「仕事を依頼したいなら
 着手金1000万円報奨金2000万円もってこい」

金さえ払えば、私が無罪にしてあげよう

と言い放つ

最大手の三木事務所の10倍の報酬を要求

金さえ払えば、私が無罪にしてあげよう-min

古美門研介とはどんな人物か

毒を薬に出来るかどうかは、使いよう

・法曹界の嫌われ者

・三流私大で遊んでたが、司法試験は一発合格

・刑事、民事、企業訴訟…
 お金になりそうな案件を見つけ、
 強引に訴訟に持ち込む

違法寸前の手法で連戦連勝

裁判無敗記録は破られていない

三木とのトラブルで、解雇

・その後は個人事務所を立ち上げる

・財界に古美門を敬愛する経営者がいて
 顧問弁護士として何不自由なく遊んで暮らしている

社内で専務によるクーデターの動きがある
その専務にハニートラップをしかけて社長を守る

ハニトラの女性は古美門事務所にいた美人中国人-min

この、ハニトラの女性は
先程、古美門事務所にいた美人中国人

古美門が待っていた来客は美人中国人-min

黛は、父の実家の畑を担保に
3000万円を用意し、古美門に依頼する

坪倉くんが頼れるのは私だけしかいない

正義感&使命感が暴走する黛は
自ら3000万円を差し出してまで助けようとする

3000万円を用意し、古美門に依頼する-min


広告



古美門の戦略

1:容疑者の美談を集める

「親孝行」でも、
「食べ物を残さない」でもなんでも良い

・虫も殺せない良い子だった
・少ない給料で親に仕送りをしていた
・心臓に良いひまわりの種をおばあちゃんに上げた

容疑者の美談を集める-min

2:取り調べ担当刑事の悪評を集めろ

刑事に取り調べされてた若者と接触

取り調べ担当刑事の悪評を集めろ-min

3:それらをマスコミに記事を書かせろ

裁判所はマスコミに弱い

裁判所はマスコミに弱い-min

4:人権団体を焚きつけろ

人権団体を焚きつけろ-min

これらの戦略の結果、
見事、一審からの裁判のやり直しが決定する

密偵・蘭丸登場

先程の若者

取り調べ担当刑事の悪評を集めろ-min

実は、古美門研介の密偵蘭丸という男だった

密偵・蘭丸登場-min

蘭丸、超有能!

原告側の言い分

・取調室のドアは空いていた

・恫喝、自白の強要があれば誰かが気づく

・取調中は、非常に静かだった

アリバイ証言

犯行が行われた 昨年9月3日14時頃…
現場から15km離れた、かしわ台公園

売店でコーヒーを買った人物が1人だけいる

その人物は…坪倉くんだと店員が証言

アリバイ証言-min

しかし

検察側も証人を連れてくる

駒場芸術大学の島村智子

この女も昨年9月3日14時頃、
かしわ大公園の売店でコーヒーを買ったと証言

5年間、毎日ブログを書いていて
昨年9月3日に、そのことを投稿している

駒場芸術大学の島村智子-min

この日、売れたコーヒーは1つ
どちらかが嘘をついている

古美門側が不利な状況になる


広告



三木の陰謀

黛を古美門の元に行くように誘導したのも
美大生の承認を確保していたのも

古美門の無敗記録を破るために…
因縁の相手を潰すために…

全て、三木が裏で操っていた

三木の陰謀-min

古美門の反撃

事務員の服部さんの助言

毎日ブログを書くというのは
 難儀な作業なんでしょうね」

「私など、毎日の献立を考えるのも一苦労」

このアドバイスが的確に効いた形

古美門陣営を影で支える服部さん

事務員の服部さんの助言-min

ちなみに、毎日ブログを書くのって
やってみれば分かるけど

本当に、大変だよ!(切実)

ブログの日付はあてにならない

3月12日

ラーメン又次郎背脂こってりラーメンを食べた

とブログにあるが、
この日、この店は定休日

1日に複数の体験をする日がある
そういう時は1つはその日に書き、
残りはネタが無い時のストックにしておく

だから、ブログの日付はあてにならない

ブログの日付はあてにならない-min

取り調べ刑事の嘘

警察署の隣にある新しい建物がある

取り調べがあった日、
解体工事でものすごく五月蝿かったハズ

だけど、刑事は口を揃えて
「物音ひとつしなかった」と証言している

刑事が偽証をしていると指摘

刑事が偽証をしていると指摘-min

古美門弁護士の逆転勝利!

オーディエンスに無罪発表する黛を見て
古美門は「朝ドラか」と呟く

以降、黛の蔑称の1つとして
「朝ドラ」が使われることになる

黛の蔑称の1つ朝ドラ-min

真犯人は誰なのか

実際の所、店長を殺害したのが誰か

もしかしたら、本当に坪倉君が犯人かもしれない

自分が殺人犯を世に放ってしまったのではない
怖くなる黛…

古美門

誰が真犯人かなんてどうでもいい

「検察の証拠は不十分だった
 だから彼は無罪になった」

我々は神ではない、ただの弁護士だ。
 真実が何かなんて分かるはずがない

この言葉を聴いて、
何を信じていいか分からなくなった黛
三木の事務所をやめて、
古美門の事務所に所属することを決める


広告



リーガルハイの感想&キャラ紹介まとめ
中二病なら絶対にハマれるドラマ! リーガルハイの感想&キャラ紹介! リーガルハイを見る リーガルハイの...

リーガルハイ1話感想

蘭丸服部さんが影で有能な仕事をしているのが
2周目以降に気づくポイントで、面白いw

最後のシーンに、名言があるね

「我々は神ではない、ただの弁護士だ。
 真実が何かなんて分かるはずがない」

このセリフは、リーガルハイの肝だと思う

正義感だけでは見えない物がある

キレイ事があまり好きじゃない人には
スカっとする作品だと思う!

リーガルハイを見る

follow us in feedly ブログランキング・にほんブログ村へ


広告

・中二病Evergreenオススメの素敵な作品一覧

・マッドサイエンティスト:二コラ・テスラの実験。オカルティックナイン考察

・喉の調子・ノド痛がスグ治る?歌い手に朗報!漢方・響声破笛丸料がすごい!

・「その厳しい目、自分自身の人生に向ける勇気ある?」

・中二病なら1度はハマる!?ユダヤ人陰謀論が規格外に凄すぎる件www

・キレイゴト恋愛観へのアンチテーゼ アニメ化・クズの本懐を考察

・「メリークリスマス」が言えなくなったアメリカ

・ようこそ実力至上主義の教室へ。自己責任の高校生活。哲学的で名作の予感!1話感想

・デスノート現象!トランプ大統領の当選理由はカリスマ性とキレイゴトへの反動

・【中二病診断所】9個中5個当てはまった人は厨二病かも?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする