リーガルハイ2期2話ネタバレ感想まとめ。ホリエモンvs古美門!?

中二病なら絶対にハマれるドラマ!

リーガルハイの感想

リーガルハイ2期を見る

リーガルハイの感想&キャラ紹介まとめ
中二病なら絶対にハマれるドラマ! リーガルハイの感想&キャラ紹介! リーガルハイを見る リーガルハイの...

人気漫画・「破壊の天才」連載終了

金に汚い主人公
落ちぶれる様が楽しいと話題の少女漫画

人気漫画・「破壊の天才」連載終了-min

しかし、突如連載終了になる

その理由は…

ホリエモンの逆襲

鮎川 光という、
どう考えてもホリエモンがモデルの人物が登場

時代の寵児と持て囃されたが
逮捕された瞬間、バッシングが強まった鮎川

服役後、名誉毀損
35件以上もの本人訴訟を起こす

35件以上もの本人訴訟を起こす-min

破格の天才」もターゲットの1つで
破格の天才の主人公が、自分をモデルにしていると指摘

ホリエモンの逆襲-min

古美門が鮎川に交渉する

鮎川の元には金が集まる

裁判を起こすとのことなので、
古美門は自ら「代理人」になろうと売り込みに行くが、

古美門
表現の自由とか言っておきながら、
 良い時は持ち上げ、落ちると一斉に叩く」

「有名人を叩けば庶民が喜ぶと思ってるんです、
 有名人もまた、一人の庶民であるはずなのに

鮎川「その通り!

今や誰もかれもが批評家気取り-min

古美門
今や誰もかれもが批評家気取り

「一般人だからって何を言っても
 許されると思ってるやつばかり」

鮎川「確かに!

古美門
「私とアナタが組めば最強です!」

「共に金を稼ぎましょう!」

鮎川「お断りだ!!

まさかの、拒否wwww


広告



弁護士は無能

鮎川
「気づいちゃったんだよね」

弁護士は皆ボクより頭が悪いって」

「何でボクより頭が悪い人に金払って雇う必要があるの?」

古御門先生とは、法定で戦ってみたい

古御門先生とは、法定で戦ってみたい-min

鮎川無双

vs磯貝弁護士(ネクサス)

ワイドショーのコメンテーターによる
誹謗中傷を訴えた鮎川

結果は、鮎川の勝利

誹謗中傷を訴えた鮎川-min

vs黛弁護士(古美門法律事務所)

個人ブロガーが鮎川を誹謗中傷した件の裁判

HN:イノセントボーイ
職業:ブロガーという名のニート

ニートブロガー
あまりにもポンコツでボロ負け状態

HN:イノセントボーイ-min

&羽生弁護士(ネクサス)

破格の天才」という漫画の作者を
鮎川が名誉毀損で訴えた裁判

最初はネクサスだけで戦っていたが、
鮎川に終始押されっぱなし…

傍聴席で聞いている古美門を挑発する始末

傍聴席で聞いている古美門を挑発する始末-min

vs古美門弁護士

前回の敗北で、「無敗」が売りだった
古美門事務所の依頼が減って経営難…

そんな状況もあり、
古美門はネクサスとの共同弁護をすることになる

古美門の参戦に、鮎川もご満悦の様子

古美門はネクサスとの共同弁護をすることになる-min

古美門
「この漫画のモデルはどう考えてもアナタ」

鮎川
「だから名誉毀損だと」

古美門
「名誉毀損?」

まさか自分がこんな人間ではないと言いたいんですか?

「アナタはこんな人間ですよ?」

破格の天才のモデルは鮎川と
認めた上での弁護を始める

破格の天才のモデルは鮎川-min

…ちなみに、名誉毀損は事実でも成立するので
実際の法定でこの戦略は使いにくいような…w

古美門
「この作品が連載されたのは1年半前」

「その頃、アナタは何をしていましたか?」

鮎川「服役していました」

古美門
「その通り、アナタの社会的評価は地に落ちていたんです」

「この漫画は当たり前の事実を描いているだけです」

鮎川「フィクションは1つもないと?」


広告



古美門
「ありません」

アナタの名誉を毀損したのはアナタ自身の行動ですよ」

「ITの長者として表現の自由と創作を愛していたのは
 アナタ自身のハズだ」

「自分が批判された途端に規制主義者になりましたか?」

「そういう行動こそが、アナタの評価を下げている」

古美門の参戦で、見事に形勢逆転!

古美門の参戦で、見事に形勢逆転!-min

「破壊の天才」作者の過去

8年前、鮎川が実家の町工場を買収
株を譲渡した途端に切り捨てられ、
父親は自暴自棄になり詐欺に手を出し逮捕

作者の玉川たまは、この事実を元に
鮎川への復讐心で「破壊の天才」を描き上げた

鮎川への復讐心で「破壊の天才」を描き上げた-min

この事実を裁判で証言することで
古美門は勝とうとしているが…

玉川たま
父は田舎でひっそり暮らしているので、
 過去を掘り返すのはちょっと…

と渋る

羽生の無駄な正義感

玉川たまの過去を晒すのは可哀想…
そう感じた羽生は、単独で鮎川に会いに行き、

コチラの作戦を提示した上で、
和解の提案をしにいく…

「コレ以上やれば、皆が不幸になる。アナタもね」

「お互いの名誉を守りましょう、
 このゲームはドローです」

羽生の無駄な正義感-min

しかし、結果は

こっちの切り札を相手に逆手に取られてしまう…

鮎川にとっての裁判はマイブーム

名誉なんてどうでもいい
お金稼ぎもどうでもいい

鮎川にとっての裁判は、ただのマイブーム

弁護士資格がなくても
本人訴訟なら弁護士プレイを楽しめる

勝ち負けなんて最初から気にしてない
ただ徹底的に弁護士プレイを楽しみたいだけ

傍聴席で聞いている古美門を挑発する始末-min

「破壊の天才」は復讐ではない

玉川たまは、
破壊の天才は鮎川への復讐だと言った

しかし、良く読んでみると
不思議と、主人公を恨む気持ちにならない

名誉毀損とは
それを受け取る多くの人がどう感じたかが問題


広告



Qこの主人公に魅力を感じる?

「感じる」「やや感じる」が75%もいる

この主人公に魅力を感じる?-min

つまり、
破壊の天才の主人公は魅力的なんです

玉川たまの真相心理には
鮎川への尊敬の念もあった

8年前、漫画家志望の学生だった頃、
鮎川に「人は夢中になれるものがあると幸せになれる
と言われたことが、心のどこかに残っていたようだ

鮎川への尊敬の念もあった-min

裁判は見事、古美門が勝利!

鮎川は全ての裁判を取り下げることにした

そして、
次のマイブーム・「海底」にハマる鮎川

次のマイブーム・「海底」にハマる鮎川-min

鮎川が裁判を起こした本当の理由

ただ弁護士プレイをしたかっただけではない

破壊の天才」が今回の件で増刷が決定した

最初から何十もの訴訟を起こし、
世間の注目を集めた上で、破壊の天才を訴え、
古美門に勝たせることで、玉川たまの作品を再評価させた

これは、
町工場を潰してしまった過去の罪滅ぼし

町工場を潰してしまった過去の罪滅ぼし-min

鮎川
「玉川さんに伝えておいてよ
連載開始なら、次はもっと脚を長く描いてって」


広告



安藤貴和が自白した理由

自白の前日、「吉永慶子」という人物が
安藤貴和の面会を行っている

それこそが、安藤貴和が自白した原因

安藤貴和が持つ心のわだかまりを
全部受け止める

黛はそう宣言し、再び安藤貴和の代理人になる

安藤貴和が自白した理由-min

リーガルハイ2期2話ネタバレ感想まとめ

ホリエモンがモデルとなっている回
この回、ほんと好き!笑

鮎川と古美門が最後に徹底的にやりあうシーンは
無駄に熱くてイイね!笑

ネットに詳しい鮎川が、
炎上商法で罪滅ぼしというのは熱いw

リーガルハイ2期を見る

リーガルハイの感想&キャラ紹介まとめ
中二病なら絶対にハマれるドラマ! リーガルハイの感想&キャラ紹介! リーガルハイを見る リーガルハイの...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする