「10年後の仕事図鑑(落合陽一✕ホリエモン)」の感想


落合陽一堀江貴文(ホリエモン)の著書
10年後の仕事図鑑」を読んだので
感想を書いていこうと思う

10年後の仕事図鑑の感想

普通」はいずれ”普通“ではなくなる

時代時代において
「君主制」が普通の時代があったり
「資本主義」や「民主主義」が普通の時代があったりする

ソレまでの”普通“は
未来永劫続くものではなく

普通はいずれ変化する

それまでの「普通」が”普通”じゃなくなり
新たな普通が生み出されることを
パラダイムシフトと、このサイトでは言おう

人類の技術発展によって
パラダイムシフトが起こるスパンは
どんどんと短くなっている

人の技術が乏しい時代では
パラダイムシフトまでに300年かかるが

現代では10年20年で
パラダイムシフトが起こるようになった

現代日本における「普通」は
40年前の行動経済成長以後の常識を示す言葉

「大学に出て、正社員になるべき」
「会社に行かなくてはならない」
「30歳までに結婚して家を買って…」等、

その社会によって幸せの定義が植え付けられ
定義されたレールに沿って走ることこそが美徳とされる

この40年前のシステムに
今の多くの日本人は縛られている

この本ではこの状態に問題提起をしている

確かに、多様化する現代においては
「正社員」だとかに拘りすぎている

道を外したけど成功してる人を叩く風潮が
ネットには根強く残っている

この古い価値観
いかにアップデートするかが重要だと思った

AIが人間の仕事を奪うのは良いこと

これは、俺も前からずーっと言ってた
同じことをこの本でも書かれている

AIが人間の職業を奪うことを恐れる人は多い
俺は寧ろ喜ぶべきことだと思う

この本では農家を例に上げ
農家は1000年前の人よりも
機会技術により手間を減らしているが
収入は増えていると指摘

つまり、AIが人間の仕事を奪うことで
少ない労働大きな対価を得られる時代になるということだ

1日8時間、週5日労働+残業
  ↓
1日2時間、週1日労働

こうなったら幸せじゃない?
過労死もなくなるよ!

それがAI&ベーシックインカムで可能になりうるのは
素晴らしいことだと思う

働かざる者食うべからず」の

しかし、古い価値観の人は
働かざるもの喰うべからず」という言葉が大好きだ

俺はこの言葉を言う人は
根っから奴隷根性が染み付いてる人だと思う

この言葉で得をするのは
労働者をコントロールしたい資本家であって
労働者はこき使われるだけ

例えば地主の家に生まれれば
土地を貸すだけで食っていける

管理作業はあるだろうが
正社員の労働に比べれば遥かに少ない

現代でも働かなくても食っていける人はいるのだ

AIによって働かなくても食っていける人が増えることは
平等の観点からしても良いことだと俺は思う
(政府が無駄な規制、癒着しそうだけど…)

聖書でも「労働は罰」だと明記されているが
労働に「尊さ」など感じる必要はない

ベーシックインカム賛成

ホリエモンの指摘

世の中には「働く」のが苦手な人がいる
その人に働くように強いて
無理やり働かせても生産性は寧ろ悪くなる

それなら
ベーシックインカム(最低限の収入)を与えて
好きなことをさせておいた方が効率が良い

多くの企業は社員を雇用した結果
給料や社会保険を払うために赤字になり
ドンドン無駄な仕事を作っている状態になりガチ

労働信仰に支配されて
イヤイヤ働いても、非効率でしかない

ベーシックインカム化すれば
非効率的な無駄な仕事はなくなる
本当に必要な仕事の給料は上がっていく

能力のある人は高収入で働き

能力がない人は
国からお金をもらって好きなことをする

これが全体の幸福を増やし
生産性も向上させる

俺の感想は、ほぼ同意です

一つ付け加える事があるとすれば…

資本主義なだけでは技術が停滞する

絶対に虫歯にならない薬
二度と道路工事しなくても良い道路

未来にはこんなものができればいいのにと
小学生くらいの時に思った事がある

しかし、今になって思えば
資本主義社会が続く限り、絶対に作られないと感じた

確かに、資本主義は技術の進歩を手助けするが
行き着く先になると停滞する

その理由は
資本主義競争に勝ち抜いた者が利権を得るから

絶対に虫歯にならない薬」ができたとしても
仕事がなくなる歯医者協会が全力で潰すだろうし

100年工事しなくても良い道路」が技術的にできたとしても
仕事がなくなる土木団体が全力で反対するだろう

既に強い権力・利権を持った人を脅かす技術は
淘汰されてしまいガチなのだ

この資本主義的閉塞性を解消する一つの手段が
ベーシックインカムだと思う

仕事がなくなっても生きていけるし
本当に世の中に必要なことを実現させたい人が
それを実現しやすい世の中になるからだ

10年後の仕事図鑑」を見てみる

就活はクソ

労働者根性」や
同一性回帰願望」が支配する
現代日本の就活システムはイカれている

手書き履歴書は応募者・審査側どちらにとっても不便

他人と違うことがリスク」になるのはおかしい

大企業で働く=幸せというのは
高度経済成長期に存在した昔話

落合陽一氏

就活を経験して、
 目が死んでしまった学生を何人も見てきた

俺も日本の就職活動には違和感を感じている

そもそも、学ぶべき場所である大学が
就活予備校化していることに違和感を感じる

今までチャラチャラした格好の大学生が
3年生の冬になると揃いも揃って黒髪&黒スーツになる

工場で生産される製品のように
ベルトコンベアが進むに連れて
形を変えていくのと同じように見えて気持ち悪い

お前らに主体性はないのか!

(まぁ、リクスー女子は大好きだけどね笑)

テンプレ質問
テンプレ作法
テンプレ質疑応答

どこの説明会も無味無臭

学生が苦労して内定を得たとしても、
3年以内に辞めてしまう人が多い

新卒の離職率は31.9%
(※厚生労働省の2013年の調査)

逆を言えば
企業が高い金を払って雇った人員の多くが
3年以内に辞めてしまうということ

学生個性を壊され
企業求人広告に高い金を払わされ

得するのは
リクルート等の就活を指揮している企業だけに思える

就活生と求人募集してる企業
どちらも疲弊することが多くて無駄なイベントだと感じる

弁護士・裁判官がAI化

上級無罪がなくなればいいいのに…

司法=平等ではない

上級国民(上流家庭生まれ)が犯罪をすると
何故か不起訴(罪にならない)ことが多い

上級無罪一覧

俺はこういう上級無罪が大嫌いだ!

の裁判だと
恣意的に上級無罪にできる

そのような司法になんの価値があるんだろうと思う

弁護士・裁判官はAIに代替可能と言われている
機械による判断で平等な世界になってほしい

だけど、実際には
AIを作る側の利権によって
上級無罪は残るような気もするけどね…

公務員は大幅削減できる

市役所の事務的仕事こそ
AIが最も得意とする部分

市役所の何が嫌だって
平日しかやってない上に夕方で終わること

はっきり言って不便すぎる!

AI化して
24時間365日可動して欲しい

日本の地方公務員は275万人と言われている
この内の200万人分AIが賄えば

200万人*633万円(平均年収)
=12,660,000,000,000円

年間12兆6600億円も税金が浮く!

ベーシックインカムの必要な財源が
年間126兆円と言われているので
地方公務員の仕事をAIがやることで
10%もまかなえてしまう…

他の業種にもAIが職を奪うことで
十分に財源も確保できるだろう

学校は必要ない

落合陽一氏の見解

あたかも本当のように聞こえる
嘘の中を過ごす期間

旧世代の教育を受け続けることを
義務付けられている

本当はそんなことしなくても良い内容」を
延々とやらされ続けている

世の中は変化しているのに
学校制度と結びついた社会制度が変わらないから
「学校で学ぶことを辞める」という決断を下すのも難しい

ホリエモンの見解

同じ年の子供とつるむことに意味はない

小学校・中学校・高校…
同世代の人間とだけつるみ
それが当たり前だと認識すると

いつまで経ってもその思考が抜けない

社会に出たら色々な年齢の人と
関わることになるからそのギャップがある

新しいことに興味を失えば10代でも老人
新しいことに興味を持ち続ければ60歳でも若者

俺の見解・感想年齢という概念は無駄

ホリエモンも指摘したが
これには完全に同意だ

海外の人たちがどうか知らないが
日本には「年齢至上主義」が根強いと思う

10代ならこうあるべき
20代ならこうあるべき
30代ならこうあるべき
40代50代60代なら~

子供のくせに
大人のくせに

年齢に型を当てはめて
その人の行動を制限しようとする風潮がある

これって、息苦しいだけだよね

若くてマセてる子がいても良いし
30代40代になっても子供っぽい人がいても良いと思う

それを見て「痛い…」と感じる人こそ
ほんとうの意味で「痛い人」なんだと思う

俺は学年が存在しない
単位制の高校に通ったので
年齢が別々な人が同空間にいるのが当たり前だった

年下でも俺より優秀な人は腐るほどいるし
年上でも尊敬できない人はいくらでもいた

年齢が違うから交流しないのはもったいない

恋愛においても
仕事においても
勉強においても
趣味においても

年齢で別けて考えること自体が
無駄な考え方でしか無いと思う

小中学生の頃、大人と議論をしたことがある

最終的に「子供のくせに」とか
大人になれば分かる」とかいう言葉で
議論を強制的に終わらされたことが多かった

「大人になれば分かる」と言われたが
あれからいくら時間が経っても理解できない…

年齢という色眼鏡で人を見ると
「その人の本質」を見れなくなる

年齢で人を判断するというのは
単なる思考停止でしかないと思う

だから俺は他人の年齢とか気にしない
相手が何歳であろうと同等に扱う
(赤ちゃんは例外)

学校は必要なことを教えてくれない

「ゴルジ体」とか「浸透圧」とか
専門職に行く人ならまだしも
大半の人の人生にとっては覚えた意味がないと思う

はたらく細胞でも見た方がマシまである

学校は本当に必要なことは教えてくれない

例えば法律憲法はもっと教えるべきだと思う

司法従事者の既得権益にしたいからか
中高生に法律を教えない

義務教育で法律を教えないくせに、
「この国の法律を守れ」と言うのはおかしい話だと思う

法律は難しいから教えにくいのは分かるけど
分かりやすい部分だけでも教えるべきではないだろうか

「ゴルジ体」や「浸透圧」なんかより
よっぽど必要な知識だと思うよ

10年後の仕事図鑑感想まとめ

当たり前の常識かと思われたことが
実は非常識だったりもする

普通だと思われてたことが
既に時代遅れだったりもする

物事の本質を見るキッカケになる良い本だと思いました

10年後の仕事図鑑」を見てみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする