「バハムート=魚」語源はベヒーモスと同じって知ってた?


FFの召喚獣などで有名な
バハムート

コイツ、実は…
だったって知ってましたか?

今回は「バハムート=ベヒーモス」について
話していこうと思います

バハムートベヒーモス

バハムートといえば
FFの最強召喚獣として大人気ですね

個人的には
FF7のバハムート改(ギガフレア)が好き

ユダヤ教・キリスト教の聖典
旧約聖書のヨブ記に登場するベヒーモス(Behemoth)

このベヒーモスイスラム教の世界に伝わり
バハムート(Bahamut)という怪物が誕生しました

ベヒーモス(Behemoth)【ヘブライ語】

バハムート(Bahamut)【アラビア語】

FFにはバハムートベヒーモスも登場しますが
両者ともにニアリーイコールな存在

バハムート=魚

バハムートとして
多くの日本人がイメージするのは
強いドラゴン」だと思います

しかしイスラム神話におけるバハムートは
大地を支える巨大な魚」とされています

どれくらい巨大だったかというと…

バハムートの鼻の穴に海を1つ置いたとしても
砂粒のように小さい

エーゲ海とか地中海が砂粒に見えるほど小さく見える
それくらいの大きさって

どんだけ巨大なんだよと!

そりゃ最強の召喚獣とも言われますわ!!

バハムートの名前の語源はベヒーモス
しかし、存在の由来はリヴァイアサン
…とも言われています

FF世界におけるリヴァイアサンといえば
バハムートに次ぐ程の強召喚獣

ドラゴン(竜)になったのはいつ?

「バハムート=巨大な魚」

では、いつどこで
ドラゴンとして認知されるようになったのか

このような疑問を持つ方も居ると思います

バハムートがドラゴン(竜)として登場したのは
1974年のアメリカで作られた
ダンジョン&ドラゴンズ」というRPGゲーム

なんだか「パズル&ドラゴンズ」に似てるね!

ダンジョン&ドラゴンズをやってみる

このダンドラがキッカケで
ゲームの世界に置いて

バハムートドラゴン(竜)

…というイメージが確立されました

<まとめ>

・バハムートとベヒーモスは語源が同じ

・バハムートは超巨大な魚

・バハムートの設定はリヴァイアサンから引き継がれている

・1974年に作られたダンドラがキッカケで
バハムート=ドラゴンのイメージが確立された

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする